コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康英(1) まつだいら やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康英(1) まつだいら-やすひで

1768-1808 江戸時代後期の武士。
明和5年生まれ。幕臣。文化4年長崎奉行に就任。翌年イギリスフェートン号が長崎に侵入,オランダ人を人質にとって薪水・食糧を要求するという事件がおき,やむなく要求をいれた康英は,同艦が退去した文化5年8月17日責任をとり切腹。41歳。防備当番の佐賀藩も幕府から警衛不備をとがめられた。別名に康秀,康平。通称は伊織,図書頭(ずしょのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平康英(1)の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)ドルトン(John Dalton)ブルース(James Bruce)1808年5月3日カルロス(4世)クライストゴヤ(Francisco de Goya y Lucientes)スペイン独立戦争ゴヤ(年譜)クチュクカイナルジ条約

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone