コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠誠 まつだいら ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠誠 まつだいら-ただなり

1824-1847 江戸時代後期の大名。
文政7年1月17日生まれ。松平忠侯(ただこれ)の次男。天保(てんぽう)11年肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝(ふこうず))家第2次4代となる。弘化(こうか)4年4月16日死去。24歳。通称は又八郎。

松平忠誠 まつだいら-ただざね

1840-1869 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)11年1月15日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主大久保忠保(ただやす)の甥。松平忠国の養子となり,文久3年武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩主松平(奥平)家4代。慶応4年新政府軍への帰順をきめ,東北戦争に出兵。明治元年藩校洋学館を設置。明治2年6月5日死去。30歳。通称は左膳

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠誠の関連キーワード旧島原藩薬園跡明治時代松平忠敬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android