コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠誠 まつだいら ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠誠 まつだいら-ただなり

1824-1847 江戸時代後期の大名。
文政7年1月17日生まれ。松平忠侯(ただこれ)の次男。天保(てんぽう)11年肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝(ふこうず))家第2次4代となる。弘化(こうか)4年4月16日死去。24歳。通称は又八郎。

松平忠誠 まつだいら-ただざね

1840-1869 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)11年1月15日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主大久保忠保(ただやす)の甥。松平忠国の養子となり,文久3年武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩主松平(奥平)家4代。慶応4年新政府軍への帰順をきめ,東北戦争に出兵。明治元年藩校洋学館を設置。明治2年6月5日死去。30歳。通称は左膳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠誠の関連キーワード旧島原藩薬園跡明治時代松平忠敬

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android