松平景忠(読み)まつだいら かげただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平景忠 まつだいら-かげただ

1541-1593 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)10年生まれ。松平忠次の長男。天文16年父が戦死し,7歳で松平(五井)家をつぐ。三河一向一揆(いっき)では徳川家康方につき,姉川の戦い,三方原(みかたがはら)の戦いで活躍し,長篠(ながしの)の戦いでは城主奥平信昌に加勢し長篠城をまもった。文禄(ぶんろく)2年6月3日死去。53歳。通称は弥九郎,太郎左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android