コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松廼家露八 まつのや ろはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松廼家露八 まつのや-ろはち

1834*-1903 幕末-明治時代の幇間(ほうかん)。
天保(てんぽう)4年12月生まれ。一橋家臣土肥半蔵の長男。大坪流槍術(そうじゅつ)指南番の祖父新十郎に武術をまなぶ。遊蕩(ゆうとう)のため勘当され,江戸吉原の幇間となった。一時彰義隊にくわわり新政府軍とたたかったが,維新後吉原にもどる。明治36年11月23日死去。71歳。通称は庄次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松廼家露八の関連キーワード土肥庄次郎明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android