コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本俊一 まつもとしゅんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本俊一
まつもとしゅんいち

[生]1897.6.7. 広島
[没]1987.1.25. 東京
外交官。東京大学を卒業し,外務省に入る。 1942年外務次官,44年駐仏印大使,45年次官に再任,第2次世界大戦の終戦処理にあたる。公職追放解除後,52年イギリス駐在大使。 55年衆議院議員に当選。鳩山内閣の日ソ復交交渉にあたり,56年共同宣言方式による復交を実現した。その後,松村謙三らを助け,日中友好運動に努力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本俊一 まつもと-しゅんいち

1897-1987 大正-昭和時代の外交官,政治家。
明治30年6月7日生まれ。外務省条約局長などをへて,昭和17年外務次官。駐仏領インドシナ大使から,20年外務次官に再任され終戦処理にあたった。のち駐英大使。30年衆議院議員(当選3回,自民党)。鳩山内閣の日ソ交渉全権委員として国交回復に尽力。昭和62年1月25日死去。89歳。広島県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本俊一の関連キーワード日ソ共同宣言松本 賢一昭和時代東京大学外交官

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android