コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永永種 まつなが ながたね

2件 の用語解説(松永永種の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松永永種

号保童坊・宝幢坊・源庵。久秀の子、貞徳の父。7才にして東福寺に入り、僅か二旬にして法華経の一部を誦読して人を驚かせたり、連歌をよくし之を安休・貞徳に伝えた。天正17年(1589)歿。没年には異説あり。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永永種 まつなが-ながたね

1538-1598 織豊時代の連歌師。
天文(てんぶん)7年生まれ。摂津高槻(たかつき)城(大阪府)城主入江政重の子。松永貞徳の父。7歳で東福寺の喝食(かっしき)となるが,のち還俗(げんぞく)。谷宗養(そうよう)に連歌をまなび,細川幽斎,里村紹巴(じょうは)らとまじわった。慶長3年死去。61歳。生没年には異説もある。号は徳庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松永永種の関連キーワード紹九心前宗柳織豊時代三甫紹与信昭(2)土屋永輔等恵山田通孝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone