コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松煙/松烟 ショウエン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐えん【松煙/松×烟】

松を燃やすときに立ちのぼる煙。また、たいまつの煙。
樹脂に富んだ松などを不完全燃焼させて作った煤(すす)。黒色顔料として印刷インクや靴などに用いる。
松煙墨」の略。
墨(すみ)の異称。
「国司―を積みて、御前に置きたりけり」〈著聞集・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうえん【松煙】

松を燃やした煙。また、松明たいまつの煙。
松を燃やしてつくった煤すす。顔料や墨の原料として用いる。松煤しようばい
墨の異名。 「国司-をつみて御前におきたりけり/著聞 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の松煙/松烟の言及

【煤】より

…そのような目的のために,原料として樹脂分の多い松材や,ナタネ油など油類を煙室で不完全燃焼させてすすをつくる。前者を松煙,後者を油煙と称している。現代でも奈良県では,このような古典的,伝統的な製法で得られたすすをにかわと練り固め上質の墨を製造している。…

※「松煙/松烟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松煙/松烟の関連キーワード釣り鐘墨・釣鐘墨たいまつ釣鐘墨油煙墨花火墨汁著聞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android