コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松石安治 まついし やすはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松石安治 まついし-やすはる

1859-1915 明治-大正時代の軍人。
安政6年5月21日生まれ。明治33年ドイツに留学,36年帰国して陸軍大学校教官。日露戦争では第一軍参謀副長,大本営参謀として作戦計画をたてる。参謀本部第一部長などをつとめ,大正3年陸軍中将。大正4年5月25日死去。57歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松石安治

没年:大正4.5.25(1915)
生年:安政6.5.21(1859.6.21)
明治期の陸軍軍人。福岡県の松石兵蔵の4男。明治16(1883)年陸軍士官学校,23年陸軍大学校を卒業後,参謀本部へ配属。その卓越した才能は参謀次長川上操六に称賛され,33年には軍事研究のためドイツへ派遣,帰国と同時に陸大教官に抜擢された。日露戦争直前に朝鮮に渡り対露作戦の準備工作に取り組む。開戦以後は第1軍参謀副長,大本営参謀として数多くの作戦計画をたてた。のち陸大幹事を経て42年12月参謀本部第1部長へと進む。宇都宮太郎と並び将来の陸軍を背負う人物と目されたが,43年満州(中国東北部)への出張中に,宿舎で温突が原因のガス中毒にかかり,療養中に死去。この間大正3(1914)年に中将,予備役

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松石安治の関連キーワード松川 敏胤大正時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android