コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松石安治 まついし やすはる

2件 の用語解説(松石安治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松石安治 まついし-やすはる

1859-1915 明治-大正時代の軍人。
安政6年5月21日生まれ。明治33年ドイツに留学,36年帰国して陸軍大学校教官。日露戦争では第一軍参謀副長,大本営参謀として作戦計画をたてる。参謀本部第一部長などをつとめ,大正3年陸軍中将。大正4年5月25日死去。57歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松石安治

没年:大正4.5.25(1915)
生年:安政6.5.21(1859.6.21)
明治期の陸軍軍人。福岡県の松石兵蔵の4男。明治16(1883)年陸軍士官学校,23年陸軍大学校を卒業後,参謀本部へ配属。その卓越した才能は参謀次長川上操六に称賛され,33年には軍事研究のためドイツへ派遣,帰国と同時に陸大教官に抜擢された。日露戦争直前に朝鮮に渡り対露作戦の準備工作に取り組む。開戦以後は第1軍参謀副長,大本営参謀として数多くの作戦計画をたてた。のち陸大幹事を経て42年12月参謀本部第1部長へと進む。宇都宮太郎と並び将来の陸軍を背負う人物と目されたが,43年満州(中国東北部)への出張中に,宿舎で温突が原因のガス中毒にかかり,療養中に死去。この間大正3(1914)年に中将,予備役。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松石安治の関連キーワード石本新六鏡山巌児島惣次郎坂田虎之助篠尾明済土屋光春仁田原重行真鍋斌桃井直幹山岡熊治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone