コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松藻 マツモ

デジタル大辞泉の解説

まつ‐も【松藻】

マツモ科の褐藻。潮間帯の岩上に群生する。長さ約20センチ。茎に多数の短い枝が出て、松の新芽のような形になる。北海道・東北地方に、冬・春にみられ、食用。 冬》
マツモ科の多年生の水草。池沼の水中に生える。長さ20~80センチ。茎は細長く、細かく裂けている葉が節ごとに輪生。夏、葉のわきに淡紅色の小花を1個ずつつける。よく金魚鉢などに入れる。金魚藻。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつも【松藻】

褐藻類イソガワラ目の海藻。千葉県銚子以北の潮間帯の岩上に生育。茎は長さ10~25センチメートルで、針状の小側枝を羽状に密生。冬から春にかけ繁茂する。食用。
マツモ科の多年生水草。池や沼に生える。茎は30~40センチメートル。葉は輪生し、細かく切れ込む。夏、葉腋ようえきに紅色の花が咲く。金魚藻ともいう。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松藻 (マツモ)

学名:Ceratophyllum demersum
植物。マツモ科の沈水性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

松藻の関連キーワード金魚藻潮間帯密生葉腋針状

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松藻の関連情報