コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松風物 まつかぜもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松風物
まつかぜもの

歌舞伎舞踊および日本音楽の一系統。能の『松風』に取材したもの。宝暦7 (1757) 年 11月初演の壕越二三治作『松似候 (まつににてそろ) 男姿』 (常磐津) をはじめ『徒髪 (いたずらがみ) 恋曲者』 (富本) など種々作られたが,現在伝わる代表作には『今様須磨の写絵』 (清元) ,『恋男調松風』 (長唄) がある。変化舞踊の『汐汲 (しおくみ) 』 (長唄) は松風の汐汲の条だけを独立させて舞踊化したもの。ほかに松風を海女小藤に替えた傍系のものもいくつかあり,浄瑠璃の『行平磯馴松』の大詰を舞踊化した『浜松風恋歌 (こいのよみうた) 』 (長唄) が残っている。浄瑠璃では,近松門左衛門作『松風村雨束帯鑑 (そくたいかがみ) 』が最も古く,初演は宝永2 (05) ~3年とされ,そのあと『行平磯馴松』『倭仮名在原系図』が作られた。地歌には佐渡島伝八作詞,岸野次郎三作曲の三下がり物『古松風』,これを改変した二上がり物の『新松風』 (『京松風』) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつかぜもの【松風物】

能の「松風」を題材として作られた歌謡・浄瑠璃・歌舞伎舞踊などの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松風物の関連キーワード松風(能)歌舞伎舞踊松風・村雨総称題材

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android