コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭仮名在原系図 ヤマトガナアリワラケイズ

3件 の用語解説(倭仮名在原系図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまとがなありわらけいず〔やまとがなありはらケイヅ〕【倭仮名在原系図】

浄瑠璃。時代物。五段。浅田一鳥らの合作。宝暦2年(1752)大坂豊竹座初演。在原行平松風・村雨姉妹の恋物語に、惟喬(これたか)・惟仁(これひと)両親王の皇位継承争いをからめて脚色。四段目が「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」の通称で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまとがなありわらけいず【倭仮名在原系図】

人形浄瑠璃。時代物。5段。浅田一鳥,浪岡鯨児並木素柳らの合作。1752年(宝暦2)12月大坂豊竹座初演。53年正月京の山下又太郎座(南の芝居)で歌舞伎化。四段目の切が最も有名である。浄瑠璃《行平磯馴松(ゆきひらそなれのまつ)》(1738年正月大坂竹本座。文耕堂,竹田正蔵,三好松洛作)の書替えで,松風村雨物の一つ。能の《松風》の在原行平と松風・村雨姉妹の恋に惟喬・惟仁親王の御位争いの後日譚を加えた脚色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倭仮名在原系図
やまとがなありわらけいず

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。五段。浅田一鳥(いっちょう)、浪岡鯨児(げいじ)、並木素柳らの合作。1752年(宝暦2)12月、大坂・豊竹(とよたけ)座初演。在原行平(ありわらのゆきひら)と松風・村雨姉妹の恋物語に、惟喬(これたか)・惟仁(これひと)両親王の御位(みくらい)争いの事件をあわせて脚色。四段目「行平館」「同奥庭」だけが歌舞伎(かぶき)で伝わり、「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」の通称で知られる。謀反(むほん)人伴義兼(ばんよしかね)の子義雄(よしお)が行平の館へ奴(やっこ)蘭平に身をやつして入り込み、刀の光を見ると狂気する奇病を装って在原の系図を盗むが、見破られて大ぜいの捕手と闘ったすえ、行平の命を受けた一子繁蔵(しげぞう)の縄にかかるまで。眼目は「行平館」での蘭平の偽物狂い、「奥庭」の変化に富んだ大立回りで、とくに後者は歌舞伎のタテの代表的なものとなっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倭仮名在原系図の関連キーワード浅田一鳥人形浄瑠璃操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座播州皿屋敷淡路人形浄瑠璃浅田可啓内海繁太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone