コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉卓造 いたくら たくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉卓造 いたくら-たくぞう

1879-1963 明治-昭和時代の新聞人,法学者。
明治12年12月9日生まれ。欧米に留学して国際法をまなび,明治43年母校慶応義塾の教授となる。かたわら38年時事新報社にはいり,大正12年主筆。自由主義の論陣をはる。昭和21年「時事新報」を復刊し社長,30年合併先の「産経時事」の主筆。昭和38年12月23日死去。84歳。広島県出身。著作に「近世国際法史論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉卓造
いたくらたくぞう
(1879―1963)

大正・昭和期の新聞記者、国際法学者。広島県出身。慶応義塾大学政治学科卒業。慶応義塾普通部教師を務めたのちヨーロッパに留学。帰国後、慶応義塾大学法学部教授として1944年(昭和19)退職まで国際法を講じた。かたわら『時事新報』の社説担当記者を務め、外報部長、副主筆を歴任し1923年(大正12)主筆。自由主義的論客として知られた。第二次世界大戦後『時事新報』を復刊し、社長兼主筆。のち『産業経済新聞』主筆も務めた。[有山輝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

板倉卓造の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android