コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉璜渓 いたくら こうけい

1件 の用語解説(板倉璜渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉璜渓 いたくら-こうけい

1709-1747 江戸時代中期の儒者。
宝永6年生まれ。板倉復軒の次男。江戸の人。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。同門の太宰(だざい)春台とは不仲であったという。幕府から書籍料を支給され,私塾でおしえた。延享4年6月24日死去。39歳。名は安世。字(あざな)は美仲。通称は安右衛門。別号に帆丘(はんきゅう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板倉璜渓の関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇常磐津文字太夫(初代)松平輝貞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone