コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉璜渓 いたくら こうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉璜渓 いたくら-こうけい

1709-1747 江戸時代中期の儒者。
宝永6年生まれ。板倉復軒の次男。江戸の人。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。同門の太宰(だざい)春台とは不仲であったという。幕府から書籍料を支給され,私塾でおしえた。延享4年6月24日死去。39歳。名は安世。字(あざな)は美仲。通称は安右衛門。別号に帆丘(はんきゅう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉璜渓の関連キーワード板倉蘭渓内田鵜洲板倉帆丘儒者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android