板柳町(読み)いたやなぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板柳〔町〕
いたやなぎ

青森県西部,津軽平野のほぼ中央にある町。 1920年町制。 55年小阿弥 (こあみ) ,畑岡,沿川 (そえかわ) の3村と合体。 300年も前に町を形成し,当時は板屋野木と呼ばれ,岩木川河港として繁栄した。米作とリンゴの栽培が盛んで,JR五能線板柳駅はリンゴの集出荷基地の役割をになっている。観光地に板柳温泉,高増 (たかます) 温泉がある。国道 399号線が通る。面積 41.88km2。人口 1万3935(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板柳町の関連情報