コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板畳 イタダタミ

デジタル大辞泉の解説

いた‐だたみ【板畳】

板を芯(しん)にして作った畳。床の間などに使う。
と同一平面に作った板敷き。地板

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

板畳

和室などの畳敷き以外の部分で、畳と同一平面に造作された板敷きの部分のこと。箪笥などの家具などを置いたり、茶室の入口部分の踏み込みなどに利用される。歩けるほどの広さの板敷きの空間になると板間という。畳敷きの部分の周囲を板畳で囲むなど、空間演出の手法としても利用されることもある。また、床の間などに使う板を芯にしてつくられた畳のことを板畳という場合もある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

いただたみ【板畳】

板を芯しんに入れて作った畳。床の間などに用いる。
板敷いたじき」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

いただたみ【板畳】

➀和室の板敷きの部分。入り口の踏み込みや、箪笥(たんす)などを置く場所として利用される。
➁板を芯に入れて作られた畳。おもに床の間に用いる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

板畳の関連キーワード今日庵不審庵官休庵妙喜庵

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android