コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板締絞 いたじめしぼり

2件 の用語解説(板締絞の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

板締絞【いたじめしぼり】

絞染の一種。たたみ絞ともいい,布地や和紙を折りたたみ2枚の板ではさんで染める。有松の雪花絞もこの技法で,かつておしめ用布として用いられた。正倉院の【きょう】纈(きょうけち)や後の板締友禅は,模様を浮彫した型板にはさみ,穴から染料をつぎこんで染めたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いたじめしぼり【板締絞】

布地の染色法の一つ。雪花絞(せつかしぼり)ともいう。2枚の型板(正三角形,ときに正方形)の間に,布地を屛風だたみに折りたたんで挟み,紐で縛って締めつける。型板が防染部分で,型板の周辺が染色部分になる。この周辺のどの部分をいかに染液に浸すかで模様が決まる。麻の葉模様,桜花模様,雪の結晶のような模様など,ぼかしを伴った四方連続模様の展開がこの板締絞の特色で,多くは単色。従来,襁褓(むつき)用としてきわめて需要の多かった鳴海・有松地方(名古屋市緑区)の雪花絞は,木綿のさらしをこの方法で染めたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の板締絞の言及

【絣】より

…染色後これをほぐすと,緯糸は経糸との重なりの部分が白く染め抜かれて絣糸となる。(3)〈板締絣〉 板締絞の技法を糸染に応用したもので,束ねた糸を左右から板で締めあげて防染し,染めて絣糸をつくったもの。(4)〈摺込(すりこみ)絣〉 あらかじめ整経した糸に染料をへらで摺り込んで染める方法。…

※「板締絞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

板締絞の関連キーワード板締ギムザ染色丹摺り絵羽絞絞り染過ヨウ素酸シッフ染色グラム染色法細菌染色法PAS染色法ヒドラジン比色法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone