コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板締絞 いたじめしぼり

2件 の用語解説(板締絞の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

板締絞【いたじめしぼり】

絞染の一種。たたみ絞ともいい,布地や和紙を折りたたみ2枚の板ではさんで染める。有松の雪花絞もこの技法で,かつておしめ用布として用いられた。正倉院の【きょう】纈(きょうけち)や後の板締友禅は,模様を浮彫した型板にはさみ,穴から染料をつぎこんで染めたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたじめしぼり【板締絞】

布地の染色法の一つ。雪花絞(せつかしぼり)ともいう。2枚の型板(正三角形,ときに正方形)の間に,布地を屛風だたみに折りたたんで挟み,紐で縛って締めつける。型板が防染部分で,型板の周辺が染色部分になる。この周辺のどの部分をいかに染液に浸すかで模様が決まる。麻の葉模様,桜花模様,雪の結晶のような模様など,ぼかしを伴った四方連続模様の展開がこの板締絞の特色で,多くは単色。従来,襁褓(むつき)用としてきわめて需要の多かった鳴海・有松地方(名古屋市緑区)の雪花絞は,木綿のさらしをこの方法で染めたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の板締絞の言及

【絣】より

…染色後これをほぐすと,緯糸は経糸との重なりの部分が白く染め抜かれて絣糸となる。(3)〈板締絣〉 板締絞の技法を糸染に応用したもので,束ねた糸を左右から板で締めあげて防染し,染めて絣糸をつくったもの。(4)〈摺込(すりこみ)絣〉 あらかじめ整経した糸に染料をへらで摺り込んで染める方法。…

※「板締絞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone