林 承賢(読み)ハヤシ ショウケン

20世紀日本人名事典の解説

林 承賢
ハヤシ ショウケン

昭和期の僧 金閣寺放火事件の放火僧。



生年
昭和4(1929)年3月19日

没年
昭和31(1956)年3月7日

出身地
京都府舞鶴市

本名
林 養賢(ハヤシ ヨウケン)

学歴〔年〕
大谷大学

経歴
日本海舞鶴の寒村の貧しい寺に生まれ、結核病みの父と勝気な母との間で育つ。幼いころから激しい吃音で、そのため周囲からの疎外感をいだいていた。昭和19年16歳の時入山、以後他の弟子たちと共に鹿苑寺で修行し、大谷大学へ通う学生だった。21歳の昭和25年7月2日未明、突然金閣寺に放火、炎上させ、自からは自殺を計り、山中に横たわっているのを発見された。犯行の半年後懲役7年の判決を受け服役。恩赦減刑による刑期満了で釈放されたが、洛南病院に入院、31年3月、26歳で没した。三島由紀夫の小説「金閣寺」はこの僧がモデル。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

林 承賢 (はやし しょうけん)

生年月日:1929年3月19日
昭和時代の僧
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android