コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林因長 はやし いんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林因長 はやし-いんちょう

1690-1745 江戸時代中期の囲碁棋士。
元禄(げんろく)3年生まれ。本因坊道知の門人。林朴入の養子となり,享保(きょうほう)12年(1727)林家5世をつぐ。のち準名人(8段)。また高橋友碩(ゆうせき)とともに御城碁をつとめる。林家歴代中もっとも著名で,上手(じょうず)門入(もんにゅう)といわれた。延享2年11月2日死去。56歳。土佐(高知県)出身。本姓は井家。初名は道蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林因長の関連キーワード林門入(5世)林門利

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android