果報は寝て待て(読み)カホウハネテマテ

とっさの日本語便利帳の解説

果報は寝て待て

幸福はによるもので、人の力ではどうにもならず、自然にやってくるのを気長に待つのがよい、ということ。「運は寝て待て」ともいう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

かほうはねてまて【果報は寝て待て】

幸運の訪れは運によるのだから、あせらないで自然に時機が来るのを待て。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かほう【果報】 は 寝(ね)て待(ま)

幸運は自然とやって来るのを気長に待つべきだ、あせらないで待てばいつかは必ずやって来る、ということ。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※咄本・当世軽口咄揃(1679)四「むかしよりの世話にも、果報(クホウ)は寝(ネ)てまて、天道は人をころさずといふ事があるからはとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

果報は寝て待ての関連情報