柄鏡(読み)えかがみ

大辞林 第三版の解説

えかがみ【柄鏡】

(紐鏡ひもかがみに対して)柄のついた鏡。中国宋代に盛行し、日本では室町以後に用いられるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柄鏡
えかがみ

和鏡の一種で、円鏡(まるかがみ)と同じ材質の柄(え)のついたもの。室町時代までの鏡は円鏡で、多くは櫛笥(くしげ)の中に納めてあったが、天正(てんしょう)年間(1573~92)から細長い柄がつくようになり、天下一(日本一)という銘をつけた。江戸時代になると、婚礼道具の一つとされ、鏡架にかけて使うようになり、鏡面には鶴亀(つるかめ)松竹梅などの寿(ことぶき)模様を多く用いた。大きさも30センチメートル前後から、口紅をつけるための5センチメートルくらいのものまで各種つくられた。さらに、合せ鏡もできて、化粧上の必需品となった。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐かがみ【柄鏡】

〘名〙 柄をつけた鏡。明からの輸入鏡に影響されて、銅製のものが室町時代に始まり、江戸時代に多量に製作された。
※御湯殿上日記‐天正一四年(1586)一二月二六日「木のせ大かかみやゑかかみしん上申」
※俳諧・鷹筑波(1638)三「柄鏡(エカガミ)か月影を汲む水(みづひしゃく)〈正親〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の柄鏡の言及

【鏡】より

…和鏡は,材質や製作技術あるいは図像文様においても,鎌倉時代に頂点をきわめる。つづく室町時代には,宋・明鏡に学んだ柄鏡が出現し,以後の和鏡の主流となる。これまた,平安時代以来の実用的な映像具としての発展の一段階として理解できる。…

※「柄鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android