染殿(読み)ソメドノ

デジタル大辞泉の解説

そめ‐どの【染殿】


平安時代、宮中や貴族の邸内で糸や布の染め物をした建物。
染物師。また、染物屋。〈日葡
藤原良房の邸宅。京都の正親町(おおぎまち)の南、京極の西にあったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そめどの【染殿】

古代、宮中や貴族の邸内で布地・絹布を染める建物。
摂政藤原良房の邸宅。京都の正親町おおぎまちの南、京極の西、土御門の北、富小路の東にあったといわれるが、異説もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android