コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚餅 ユズモチ

デジタル大辞泉の解説

ゆず‐もち【×柚餅】

米粉などにユズ風味を加えて作った餅状の菓子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

柚餅(ゆうもち)

京都市上京区に本店を置く和菓店、鶴屋吉信が製造・販売する和菓子。柚子風味の柔らかな求肥餅和三盆をまぶしたつまみ菓子。1868年発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柚餅
ゆもち

京菓子で求肥(ぎゅうひ)の一種。嘉永(かえい)年間(1848~1854)に鶴屋吉信(つるやよしのぶ)3代目の稲田伊兵衛によりつくられ、以来、同舗の名代菓子とされてきた。京都では「ゆうもち」とよばれるが、親指の頭大の青ユズの緑色を呈した餅で、歯ざわりは求肥よりさっくりしており、表面にまぶした和三盆の風味とともにユズの香気が口に広がる。柚餅子(ゆべし)の一つと考えてもよい。伊兵衛は初め、ユズの香りを生かした「みぞれ羹(かん)」をつくるつもりで寒天の分量を誤り、餅を加えることで偶然に柚餅を得たといわれる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柚餅の関連キーワード郷土菓子生菓子棹菓子クルミ餅菓子柚餅子米粉史生巻柿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柚餅の関連情報