コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚餅 ユズモチ

3件 の用語解説(柚餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆず‐もち【×柚餅】

米粉などにユズの風味を加えて作った餅状の菓子。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

柚餅(ゆうもち)

京都市上京区に本店を置く和菓子店、鶴屋吉信が製造・販売する和菓子。柚子風味の柔らかな求肥餅に和三盆をまぶしたつまみ菓子。1868年発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柚餅
ゆもち

京菓子で求肥(ぎゅうひ)の一種。嘉永(かえい)年間(1848~1854)に鶴屋吉信(つるやよしのぶ)3代目の稲田伊兵衛によりつくられ、以来、同舗の名代菓子とされてきた。京都では「ゆうもち」とよばれるが、親指の頭大の青ユズの緑色を呈した餅で、歯ざわりは求肥よりさっくりしており、表面にまぶした和三盆の風味とともにユズの香気が口に広がる。柚餅子(ゆべし)の一つと考えてもよい。伊兵衛は初め、ユズの香りを生かした「みぞれ羹(かん)」をつくるつもりで寒天の分量を誤り、餅を加えることで偶然に柚餅を得たといわれる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柚餅の関連キーワードうすべにおころ鍵もち菊寿糖京観世福ハ内やき栗夕ばえわすれ傘鶴屋吉信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柚餅の関連情報