コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳亭種彦(初代) りゅうてい たねひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳亭種彦(初代) りゅうてい-たねひこ

1783-1842 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
天明3年5月12日生まれ。幕臣。読み本から合巻に転じて地歩をかためる。「偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)」が好評をえるが,天保(てんぽう)の改革で絶版となった。天保13年7月19日死去。60歳。自殺説もある。江戸出身。姓は高屋。名は知久。通称は彦四郎。著作に合巻「正本製(しょうほんじたて)」,考証随筆「還魂紙料」など。
【格言など】散るものと定まる秋の柳かな(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

柳亭種彦(初代) (りゅうていたねひこ)

生年月日:1783年5月12日
江戸時代後期の合巻作者
1842年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

柳亭種彦(初代)の関連キーワード吉原はやり小哥そうまくり烏亭焉馬(初代)笠亭仙果(初代)白縫譚・白縫物語曽我綉侠御所染御所の五郎蔵偐紫田舎源氏初代為永春水阿弥陀胸割柳下亭種員仙客亭柏琳石塚豊芥子山家鳥虫歌墨川亭雪麿三品 藺渓葛飾北嵩高畠藍泉村田了阿奥浄瑠璃牡丹燈記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android