コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正本製 しょうほんじたて

5件 の用語解説(正本製の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正本製
しょうほんじたて

合巻 (ごうかん) 。柳亭種彦作。歌川国貞画。 12編 69巻。文化 12 (1815) ~天保2 (31) 年刊。題名は脚本風に仕立てた合巻の意で,楽屋や舞台をそのまま活用し,挿絵も役者の似顔絵とし,内容も『お仲清七物語』『於菊幸介物語』など歌舞伎の題材から成っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうほんじたて〔シヤウホンじたて〕【正本製】

合巻。12編。柳亭種彦作、歌川国貞画。文化12~天保2年(1815~1831)刊。お染久松夕霧伊左衛門など歌舞伎で有名な題材7話を、歌舞伎正本の形で書いた草双紙

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正本製【しょうほんじたて】

江戸時代の合巻柳亭種彦作,歌川国貞画。1815年―1831年刊。12編69巻。脚本風の合巻の意で,楽屋の趣,役者似顔のさし絵,正本式のト書き(とがき),舞台の道具立説明等,合巻に演劇風の色彩を濃く盛り込む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほんじたて【正本製】

合巻(ごうかん)。12編。柳亭種彦作,歌川国貞画。1815‐31年(文化12‐天保2)刊。文体を歌舞伎の脚本風に記し,挿絵に歌舞伎の舞台機構道具立て役者似顔絵等を効果的に活用した中編小説集。歌舞伎の情話物のお仲清七,小稲判兵衛,お菊幸介,吾妻与五郎お染久松夕霧伊左衛門を扱った6話と,前太平記の世界で描いた顔見世物との計7話で構成。歌舞伎趣味を横溢させた新趣向で合巻史上注目される画期的作品。【鈴木 重三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうほんじたて【正本製】

〔脚本風に書き上げた草双紙の意〕
合巻。一二編。柳亭種彦作。歌川国貞画。1815~31年刊。お仲清七以下お染久松・夕霧伊左衛門など七つの情話を収める。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の正本製の言及

【柳亭種彦】より

…演劇好きで,他の芸能娯楽にも趣味をもつ資質が,絵画要素が主位を占め画文が有機的に提携するこの合巻に適合した。特に歌舞伎趣味を極度に発揮した《正本製(しようほんじたて)》(1814)が成功を収めて地歩を確立したが,本書の挿絵を担当した浮世絵師歌川国貞と以後密に提携して,歌舞伎趣向の濃い中短編の佳作《画傀儡二面鏡(えあやつりにめんかがみ)》《御誂染遠山鹿子(おあつらえぞめとおやまがのこ)》などを制作し,彼の特質である江戸初期文芸の知識を生かした品格ある作風で声価を高めた。また,文政(1818‐30)末年合巻界に大作古典の翻案による長編作流行の興起を見て,《源氏物語》に取材し,新趣向を凝らした大作《偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)》を発表し,大好評を得て合巻界の第一人者となった。…

※「正本製」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone