コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原資廉 やなぎわら すけかど

2件 の用語解説(柳原資廉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

柳原資廉

公卿。資行の二男、一字名公・述。従一位権大納言。正徳2年(1712)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳原資廉 やなぎわら-すけかど

1644-1712 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
寛永21年6月30日生まれ。天和(てんな)元年権(ごんの)大納言となり,のち従一位。元禄(げんろく)14年勅使として江戸城におもむいた際,赤穂(あこう)藩主浅野長矩(ながのり)の刃傷(にんじょう)事件にであう。正徳(しょうとく)2年9月25日死去。69歳。著作に「資廉日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の柳原資廉の言及

【柳原家】より

…藤原氏北家冬嗣の兄真夏の子孫で,日野家の支流。〈やなぎわらけ〉ともいう。権大納言日野俊光の四男権大納言資明(すけあき)を祖とし,鎌倉末期に創立された。柳原資明は日野資朝の弟で,長兄資名が光厳天皇の寵臣であったため,北朝に仕えて勢力を張り,柳原殿に住したのにちなんで柳原を姓とした。世々紀伝道をもって出身し,多くは文章博士に任ぜられたが,1471年(文明3)量光が文章博士に任じたのを最後に紀伝道を世襲する伝統が断絶した。…

※「柳原資廉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳原資廉の関連キーワード井上久斎内田雪山賀古養節狩野柳雪古白島村紹億辻政近宗吉米倉昌照汶村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone