コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田南窓 しばた なんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田南窓 しばた-なんそう

1774-1846 江戸時代後期の講釈師。
安永3年生まれ。2代(初代とも)田辺南鶴の門下。無本読みで知られ,義士,忠臣,烈婦ものを得意とした。門人南玉が2代南窓をつぐ。弘化(こうか)3年4月15日死去。73歳。安房(あわ)(千葉県)出身。姓は柴山。名は常晴。別号に正流斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田南窓の関連キーワード元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)キュチュク・カイナルジャ条約クライブ大陸会議

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone