コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田芳洲 しばた ほうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田芳洲 しばた-ほうしゅう

1840-1890 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)11年生まれ。喜田華堂に岸派の絵画をまなぶが,村田香谷に師事して文人画に転じる。のち名古屋から東京にうつり,自分の一生を画巻にしたという。妻の年人(本名のぶ)も画家。明治23年10月10日死去。51歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は弘。字(あざな)は子道。通称は栄三郎。著作に「大東閨語」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田芳洲の関連キーワード水野年方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android