コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原順平 くりはら じゅんぺい

2件 の用語解説(栗原順平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原順平 くりはら-じゅんぺい

1817-1880 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化14年4月29日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)太宰府(だざいふ)の旅館松屋の主人。安政の大獄で追われた僧月照(げっしょう)をかくまう。また元治(げんじ)2年(1865)三条実美(さねとみ)ら五卿が太宰府に移送されたとき,密会の場を提供した。明治13年1月23日死去。64歳。名は知弘。号は松籟(しょうらい)堂。通称は別に孫兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

栗原順平

没年:明治13.1.23(1880)
生年:文化14.4.29(1817.6.13)
幕末の筑前(福岡県)太宰府の旅館松屋の主人。尊王論に関心を寄せ,来訪の志士を厚遇した。慶応1(1865)年福岡藩に誕生の佐幕派藩庁に,尊攘派の月形洗蔵らの一味として捕らえられ獄につながれる。明治1(1868)年2月放免,この地の民政に力を尽くした。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗原順平の関連キーワード尊攘安藤兵吉伊藤惣兵衛甲斐右膳勝野森之介上岡胆治川勝寛治高橋甲之允田中長九郎三間半二

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone