コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗焼 クリヤキ

3件 の用語解説(栗焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くりやき【栗焼】

狂言。主人の命令で栗を焼いていた太郎冠者が、みな食べてしまい、苦しまぎれに竈(かまど)の神に進上したといってごまかす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くりやき【栗焼】

狂言の一。主に命ぜられて栗を焼いていた太郎冠者は、一つ食べ二つ食べして皆食べてしまい、竈かまの神に進上したと苦しい言い訳をする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗焼
くりやき

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。栗をもらった主人は、太郎冠者(シテ)に焼き栗にするよう命じる。台所で栗を焼いた太郎冠者は、あまりにうまそうなので、つい一つ二つと口に入れ、40個全部食べてしまう。太郎冠者は、主人への言い訳に、竈(かまど)の神夫婦に声をかけられ、栗をくれたらこの家をいつまでも富貴に守ってやろうというので二つ進上し、続いてその34人の子供たちへもずらり進上したという。主人はめでたいことだからと鷹揚(おうよう)に許し、それでは残った4個を出せと迫る。窮した太郎冠者が、一つは虫食い、残る三つは昔から栗焼くことばに「逃げ栗、追い栗、灰紛れ」とあるように、すっかりなくなったと答え、叱(しか)られる。
 単純な筋立てだが、栗を焼くしぐさや、我を忘れて全部食べ尽くしてしまう表情など、太郎冠者のひとり芝居に主眼がある。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗焼の関連キーワード清水蝸牛狐塚口真似太刀奪縄綯簸屑文荷文蔵察化

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗焼の関連情報