コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗焼 クリヤキ

デジタル大辞泉の解説

くりやき【栗焼】

狂言。主人の命令で栗を焼いていた太郎冠者が、みな食べてしまい、苦しまぎれに竈(かまど)の神に進上したといってごまかす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりやき【栗焼】

狂言の一。主に命ぜられて栗を焼いていた太郎冠者は、一つ食べ二つ食べして皆食べてしまい、竈かまの神に進上したと苦しい言い訳をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗焼
くりやき

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。栗をもらった主人は、太郎冠者(シテ)に焼き栗にするよう命じる。台所で栗を焼いた太郎冠者は、あまりにうまそうなので、つい一つ二つと口に入れ、40個全部食べてしまう。太郎冠者は、主人への言い訳に、竈(かまど)の神夫婦に声をかけられ、栗をくれたらこの家をいつまでも富貴に守ってやろうというので二つ進上し、続いてその34人の子供たちへもずらり進上したという。主人はめでたいことだからと鷹揚(おうよう)に許し、それでは残った4個を出せと迫る。窮した太郎冠者が、一つは虫食い、残る三つは昔から栗焼くことばに「逃げ栗、追い栗、灰紛れ」とあるように、すっかりなくなったと答え、叱(しか)られる。
 単純な筋立てだが、栗を焼くしぐさや、我を忘れて全部食べ尽くしてしまう表情など、太郎冠者のひとり芝居に主眼がある。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栗焼の関連キーワード高知県高岡郡四万十町狂言現行曲一覧善竹 幸四郎ダバダ火振駄菓子屋媛囃子古丹波宮の舞狂言

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗焼の関連情報