核様体(読み)かくようたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核様体
かくようたい

(1) pyrenoid ピレノイドデンプン核ともいう。ケイ藻,接合藻,緑藻のほとんどすべて,紅藻,コケの一部など,下等植物の色素体にみられる小体。無色で脂質を含む蛋白質性の物質で,屈折率が高く,やや光って見える。デンプンの小粒で取囲まれていることがあり,貯蔵に関与すると考えられる。くびれて,二分裂により増殖するといわれるが,新たに形成されることもある。電子顕微鏡的研究によると,色素体のラメラがピレノイド内に入り込み,あるいは貫通する。 (2) nucleoid 原核生物,すなわち細菌と藍藻の遺伝物質は細胞の中央部に集っているが,明確に核膜では囲まれていない。この部分を核様体と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の核様体の言及

【ピレノイド】より

…藻類の葉緑体にある核様の小体で,タンパク質としての性質を示し,合成されたデンプンが貯蔵デンプンとなる際その核となる。核様体,デンプン核などともいわれる。葉緑体に埋まっているが,屈折率が高くて光学顕微鏡でも容易に観察されるため,藻類の分類の指標形質として古くから注目されてきた。…

※「核様体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android