コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核熱利用 かくねつりよう

世界大百科事典 第2版の解説

かくねつりよう【核熱利用】

社会で必要とされるエネルギーのうち,熱が約3分の2を占め,残り約3分の1が電力である。熱は燃料から100%の効率で得られるのに対し,電力の場合は熱力学的な限界などのため,燃料のエネルギーの一部しか利用できず,したがっていったん電力の形にしたエネルギーをふたたび熱に戻して使うことはエネルギー的に不経済である。原子力からの熱をそのまま熱として利用する核熱利用は,このようなエネルギー有効利用上からも,また化石燃料の節約の上からも意義が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

核熱利用の関連キーワード原子力製鉄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android