コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根岸武香 ねぎし たけか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸武香 ねぎし-たけか

1839-1902 幕末-明治時代の国学者,考古学者。
天保(てんぽう)10年5月15日生まれ。根岸友山の次男。国学を平田銕胤(かねたね)・安藤野雁(ぬかり),漢学を寺門静軒(てらかど-せいけん),剣を千葉周作にまなぶ。父とともに尊攘(そんじょう)運動に参加。明治27年貴族院議員。郷里埼玉県の吉見百穴(ひゃくあな)の発掘・保存に貢献した。明治35年12月3日死去。64歳。通称は伴七。号は榧園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

根岸武香

没年:明治35.12.3(1902)
生年:天保10.5.15(1839.6.25)
幕末明治期の国学者。幼名新吉,のち伴七と改め,榧園と号す。武蔵国大里郡甲山村(埼玉県大里郡大里村冑山)に根岸友山の子として生まれる。剣を千葉周作に学び,和漢の学を寺門静軒,安藤野雁に修めた。嘉永3(1850)年名主役となり,安政3(1856)年大里郡の水利堤防普請総代となるなど公事に尽くした。維新の際父が官軍に捕らえられたのを救う。維新後は出世著しく,県会議員,同議長を経て,明治27(1894)年貴族院議員となった。一方壮年のころから古物古跡の研究に努めた。その成果は吉見百穴(埼玉県比企郡吉見町大字北吉見)の発掘,『日本古印譜』の編纂など多大であったが,「何事もなしはてずして紅葉ばとともに散りゆく我命かな」という辞世を残した。<参考文献>柴田常恵「根岸武香君小伝」(『東京人類学会雑誌』207号)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

根岸武香の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)稀音家浄観水泳イギリス史(年表)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone