コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根拠律(読み)こんきょりつ

百科事典マイペディアの解説

根拠律【こんきょりつ】

充足根拠律〉〈充足理由律〉〈理由律〉ともいい,英語でprinciple of sufficient reason。ライプニッツによって矛盾律とともに立てられた論理的・形而上学的原理。経験的認識の真理性を支えるもので,〈事物が存在し,出来事が生起し,真理が存在するためには,十分な根拠がなければならない〉ということ。これにもとづく真理が〈事実の真理〉あるいは〈偶然的真理〉。ショーペンハウアーやハイデッガーによる精緻化がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんきょりつ【根拠律 principle of sufficient reason】

くわしくは充足根拠律。充足理由律,理由律とも言われる。矛盾律と並ぶ二大原理としてライプニッツによって提唱されたもので,〈何ものも根拠のないものはない〉という形で表現される。その意味するところは〈一つの事物が存在し,一つの事件が起こり,一つの真理が生ずるためには,十分な根拠がなければならない〉ということであり,したがってこれは論理学的原理であるとともに形而上学的原理でもある。たとえば主語概念を分析し,そこに述語概念が含まれているかどうかを単に理性によって確かめるだけで真偽が決定されるような理性的認識は矛盾律を原理とするが,そうした操作では真偽が決定されえぬ経験的認識の真理性を支えるのが根拠律なのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android