充足理由律(読み)じゅうそくりゆうりつ(英語表記)principium rationis sufficientis; principle of sufficient reason

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

充足理由律
じゅうそくりゆうりつ
principium rationis sufficientis; principle of sufficient reason

ライプニッツの言葉 (『弁神論』『理性に基づく自然と恩恵原理』『単子論』など) 。決定的理由律,単に理由律ともいい,「十分な理由の原理」とも訳される。すべて存在するものは,なぜそうあらねばならないかという十分な根拠をもっているということで,ライプニッツ矛盾律とともに二大原理とした。存在論的には,最終的理由は自己のうちにみずからの存在根拠をもつ神に存する。認識論的には,すべての実在はこの理由から説明できるし,可知的なものであることになる。したがってこの原理は,普遍的可知性の原理となる。なおショーペンハウアーは,生成,認識,存在,行為の4つの充足理由律を区別した (『充足理由律の多様な根拠について』) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

充足理由律
じゅうそくりゆうりつ
principium rationis sufficientis ラテン語
principle of sufficient reason 英語

伝統的論理学の根本原理の一つで、「どんなことがらもそれが生ずるのにはそれなりの十分な理由がある」とするもの。ライプニッツが初めて唱えたものといわれる。これは客観的な世界の構造からくる原理であるとみるよりも、たとえばどんな事件にもその原因を求めようとする、人間の知的な態度を表現したものとみたほうが、一般には受け入れやすいであろう。とくに経験科学において指針となりやすいものである。

[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の充足理由律の言及

【根拠律】より

…くわしくは充足根拠律。充足理由律,理由律とも言われる。矛盾律と並ぶ二大原理としてライプニッツによって提唱されたもので,〈何ものも根拠のないものはない〉という形で表現される。…

※「充足理由律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報