コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本規範(読み)こんぽんきはん(英語表記)Grundnorm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根本規範
こんぽんきはん
Grundnorm

法段階説を唱えた H.ケルゼンが提示した観念で,ある規範妥当性根拠は上位の規範にのみ求められるとする方法二元論の立場から,すべての規範の究極の根拠として,規範秩序の頂点に仮説的に設定される規範。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんぽん‐きはん【根本規範】

《〈ドイツ〉Grundnorm法規範の妥当性の根拠をより上位の法規範に求めるとき、究極的な前提としてその存在が想定される規範。ケルゼンの唱えた純粋法学上の基本的概念。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぽんきはん【根本規範】

法規範の究極的な根拠として想定される規範。ケルゼンの純粋法学で提唱された概念。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の根本規範の言及

【純粋法学】より

…そして彼は,この〈授権の体系〉が,憲法は議会に立法権を授権し,法律は内閣に政令制定権を授権するというように上下のピラミッドをなすとし,法段階説を唱えた。(3)根本規範 このピラミッドたる授権の体系の頂点には根本規範が仮設されねばならない。ケルゼンは根本規範と自然法規範との区別を強調している。…

※「根本規範」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

根本規範の関連情報