コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本陸夫 ネモトリクオ

デジタル大辞泉の解説

ねもと‐りくお〔‐リクを〕【根本陸夫】

[1926~1999]プロ野球選手・監督。茨城の生まれ。近鉄バファローズの選手を経て昭和43年(1968)広島の監督に就任。のち西武で監督、管理部長などを務め、同球団の黄金時代基盤を築く。平成5年(1993)ダイエー福岡ソフトバンク前身)の監督に就任。同7年フロントに転じチーム強化に尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本陸夫 ねもと-りくお

1926-1999 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
大正15年11月20日生まれ。川崎コロムビアから,昭和27年近鉄に捕手として入団。実働4年。コーチ,スカウトをへて,43-47年広島監督。53年クラウン監督。54年新生西武の監督。56年フロント入りして管理部長となり,西武球団の基礎をきずいた。平成5-6年ダイエー監督。平成11年4月30日死去。72歳。13年野球殿堂入り。茨城県出身。法大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根本陸夫の関連キーワード根本

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根本陸夫の関連情報