コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本陸夫 ネモトリクオ

2件 の用語解説(根本陸夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねもと‐りくお〔‐リクを〕【根本陸夫】

[1926~1999プロ野球選手・監督。茨城の生まれ。近鉄バファローズの選手を経て昭和43年(1968)広島の監督に就任。のち西武で監督、管理部長などを務め、同球団の黄金時代の基盤を築く。平成5年(1993)ダイエー福岡ソフトバンクの前身)の監督に就任。同7年フロントに転じチーム強化に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本陸夫 ねもと-りくお

1926-1999 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
大正15年11月20日生まれ。川崎コロムビアから,昭和27年近鉄に捕手として入団。実働4年。コーチ,スカウトをへて,43-47年広島監督。53年クラウン監督。54年新生西武の監督。56年フロント入りして管理部長となり,西武球団の基礎をきずいた。平成5-6年ダイエー監督。平成11年4月30日死去。72歳。13年野球殿堂入り。茨城県出身。法大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

根本陸夫の関連キーワード青木和夫浅香鉄心荒川幾男井上宗雄大島哲以鈴木通夫高沢寅男藤田利夫三好行雄わち さんぺい

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根本陸夫の関連情報