コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案山吉道 あんざん きつどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

案山吉道 あんざん-きつどう

1608-1677 江戸時代前期の僧。
慶長13年生まれ。曹洞宗(そうとうしゅう)保福寺の建州隣道のもとで出家,ついで万安(ばんなん)英種,鉄心道印師事黄檗(おうばく)宗の即非如一(そくひ-にょいち)や木庵性瑫(もくあん-しょうとう)にも師事。草庵(そうあん)をむすび各地を遍歴,木曾の山中では山賊を改心させたという。富士山の岩あなで座禅をくみ延宝5年8月15日死去。70歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。俗姓は藤本。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

案山吉道の関連キーワード吉道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android