桜井勝美(読み)さくらい かつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井勝美 さくらい-かつみ

1908-1995 昭和時代の詩人。
明治41年2月20日生まれ。東京にでて北川冬彦の「麺麭」同人となり,ネオ-リアリズム詩運動に参加。昭和29年詩集「ボタンについて」でH氏賞,30年時間賞,41年詩集「葱の精神性」で北川冬彦賞をうける。ほかに詩集「泥炭」,評論「志賀直哉の原像」など。平成7年7月24日死去。87歳。北海道出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android