コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井勝美 さくらい かつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井勝美 さくらい-かつみ

1908-1995 昭和時代の詩人。
明治41年2月20日生まれ。東京にでて北川冬彦の「麺麭」同人となり,ネオ-リアリズム詩運動に参加。昭和29年詩集「ボタンについて」でH氏賞,30年時間賞,41年詩集「葱の精神性」で北川冬彦賞をうける。ほかに詩集「泥炭」,評論「志賀直哉の原像」など。平成7年7月24日死去。87歳。北海道出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井勝美の関連キーワード戦争(北川冬彦の詩集)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android