コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井勝美 さくらい かつみ

1件 の用語解説(桜井勝美の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井勝美 さくらい-かつみ

1908-1995 昭和時代の詩人。
明治41年2月20日生まれ。東京にでて北川冬彦の「麺麭」同人となり,ネオ-リアリズム詩運動に参加。昭和29年詩集「ボタンについて」でH氏賞,30年時間賞,41年詩集「葱の精神性」で北川冬彦賞をうける。ほかに詩集「泥炭」,評論「志賀直哉の原像」など。平成7年7月24日死去。87歳。北海道出身。日大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井勝美の関連キーワード黒人問題新聞小説監獄法アララギ(短歌結社雑誌)バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)香港映画精神保健光緒帝クリーマー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone