天塩(読み)てしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天塩
てしお

明治2(1869)年設置された北海道旧 11ヵ国の一つ。天塩国てしおのくに)。道北西部にあり,西は日本海に面し,南は石狩,東と北は北見に接する。天塩川流域と道北日本海沿岸部,および焼尻島天売島の 2島を含む。増毛郡,留萌郡,苫前郡,天塩郡,中川郡,上川郡の 6郡からなっていた。沿岸地域は古くからニシン漁場,砂金の産地として繁栄したが,内陸部は明治以後農林業を中心に開発が進んだ。天塩山地北見山地では林業,天塩平野名寄盆地では畑作,酪農が行なわれる。サロベツ原野の一部は牧草地に変わり,酪農が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てしお【天塩】

北海道旧一一か国の一。留萌るもい支庁全域と、上川支庁の北部、宗谷支庁の一部を含む地域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天塩の関連情報