コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田文吾 さくらだ ぶんご

2件 の用語解説(桜田文吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田文吾 さくらだ-ぶんご

1863-1922 明治-大正時代のジャーナリスト。
文久3年生まれ。陸羯南(くが-かつなん)の日本新聞社にはいり,東京,大阪のスラム街探訪記を連載して知られる。のち京都にうつり,京華社,京都通信社を創設し,市会議員をつとめた。大正11年12月31日死去。60歳。陸奥(むつ)仙台出身。東京法学院(現中央大)卒。号は大我,一寸法師

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくらだぶんご【桜田文吾】

1863‐1922(文久3‐大正11)
明治・大正期のジャーナリスト。大我,一寸法師と号す。仙台の出身。小学校の助教を経て東京法学院(現,中央大学)に進み,のち陸羯南主宰の日本新聞社に入社。1893年に刊行された《貧天地饑寒窟探検記》はその3年前《日本》に連載された貧民街探訪記である。最も早い東京,大阪の貧民ルポで二葉亭四迷松原岩五郎横山源之助の活動に影響を与えた。のち京都通信社を創設し,京都市会議員に当選した。【橋本 哲哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

桜田文吾の関連キーワードブラジル文学中島名左衛門宮嶋資夫宗谷本線日本共産党売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone