コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜紙 サクラガミ

大辞林 第三版の解説

さくらがみ【桜紙】

薄く柔らかな小判のちり紙。マニラ麻などから抄造する。もと、故紙からの再生紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜紙
さくらがみ

和紙の故紙(こし)(ふるがみ)を漉(す)き返して再製した薄い紙のこと。この名は、コウゾ(楮)を原料とした薄くて美しい吉野紙にあやかって(吉野は吉野桜が有名)つけられたという。江戸時代には遊里のちり紙などに用いられた。近年では、マニラ麻や化学パルプを原料とした機械漉きの紙が、桜紙の名でよばれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

桜紙の関連キーワード再生紙反故

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜紙の関連情報