コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁田葦洲 やなだ いしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梁田葦洲 やなだ-いしゅう

1816-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文化13年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩の儒者梁田雪航の養子。篠崎小竹(しのざき-しょうちく),佐藤一斎,森田節斎らにまなび,堺(さかい)に開塾。のち明石の私塾をついで土居光華らをおしえる。明治2年藩校敬義館の教頭となった。著作に「葦洲遺稿」。明治9年8月20日死去。61歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は邦恕。字(あざな)は仲容。通称は蔵九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梁田葦洲の関連キーワード津田金平大藪文雄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android