コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁田葦洲 やなだ いしゅう

1件 の用語解説(梁田葦洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梁田葦洲 やなだ-いしゅう

1816-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文化13年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩の儒者梁田雪航の養子。篠崎小竹(しのざき-しょうちく),佐藤一斎,森田節斎らにまなび,堺(さかい)に開塾。のち明石の私塾をついで土居光華らをおしえる。明治2年藩校敬義館の教頭となった。著作に「葦洲遺稿」。明治9年8月20日死去。61歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は邦恕。字(あざな)は仲容。通称は蔵九郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

梁田葦洲の関連キーワード八木奇峰浅見野井伊藤有終昇斎一景鈴木鵞湖関直吉道契前野真門山登検校(2代)山本春正(8代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone