コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅暦 ウメゴヨミ

デジタル大辞泉の解説

うめ‐ごよみ【梅暦】

《梅の花の咲くのを見て春を知るところから》梅の花。
「頃しも春の―、れんじに開く鉢植の、花の香かほる風寒み」〈人・梅児誉美・初〉
春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」の略称。

ばい‐れき【梅暦】

梅の花の咲くのを見て春を知ること。また、その梅の花。うめごよみ。
「山中の―、うかうかと精進の正月をやめて」〈浮・五人女・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅暦【うめごよみ】

春色梅児誉美

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うめごよみ【梅暦】

〔花の咲くのを見て春を知るので〕
梅の花。 「頃しも春の-/人情本・梅児誉美

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅暦の関連情報