コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅暦 ウメゴヨミ

デジタル大辞泉の解説

うめ‐ごよみ【梅暦】

《梅の花の咲くのを見て春を知るところから》梅の花。
「頃しも春の―、れんじに開く鉢植の、花の香かほる風寒み」〈人・梅児誉美・初〉
春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」の略称

ばい‐れき【梅暦】

梅の花の咲くのを見て春を知ること。また、その梅の花。うめごよみ。
「山中の―、うかうかと精進の正月をやめて」〈浮・五人女・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅暦【うめごよみ】

春色梅児誉美

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うめごよみ【梅暦】

〔花の咲くのを見て春を知るので〕
梅の花。 「頃しも春の-/人情本・梅児誉美

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梅暦の関連キーワード三桝 源之助(4代目)岡安喜三郎(4世)岡安喜三郎(4代)哥沢芝金(初代)局を結ぶ人情本梅の花山中大人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android