コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若実 ウメワカミノル

7件 の用語解説(梅若実の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うめわか‐みのる【梅若実】

能楽師。シテ方観世流
(初世)[1828~1909]江戸の人。明治維新で衰えた能を再興した。明治三名人の一人。
(2世)[1878~1959]初世の二男。東京の生まれ。梅若流樹立の中心人物。のち一門とともに観世流に復帰。芸風は技巧的で劇的表現にすぐれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅若実【うめわかみのる】

能楽師。観世流シテ方。維新後,能楽再興の基礎を築く。宝生九郎の位,桜間伴馬伴馬の技(わざ)に対し,情の能を得意として明治三名人とうたわれた。息子の梅若万三郎梅若六郎(2世実)をきびしく教育し,万六時代と称される能の黄金時代を招く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

梅若実

没年:明治42.1.19(1909)
生年:文政11.4.13(1828.5.26)
明治時代の能楽師。観世流シテ方。幼名亀次郎,のち六之丞,六郎。実は隠居名。実父は寛永寺御用達鯨井平左衛門。梅若六郎氏暘の養子となり,天保10(1839)年に家督を継ぐ。明治維新で観世宗家が将軍徳川慶喜に従い静岡に移ると,流儀の実質上の統率者としての責務を負い,免状の発行などを行うが,これがのちに一時的に梅若流が立つことになる「梅若問題」を引き起こすことになった。感覚的で才気溢れる芸風で,宝生九郎,桜間伴馬と共に明治三名人とされる。維新の変動期にあって,東京にとどまり演能を続け,後進の育成に当たるなど能楽復興への功績は大きい。<参考文献>池内信嘉『能楽盛衰記』

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

梅若実

1828〜1909(文政11年〜明治42年)【能楽師】能楽堂を創建。 幕府崩壊後、衰退しかけた能楽を復興させた。シテ方観世流の能楽師。上野輸王寺御用達の鯨井平左衛門の長男。1836(天保7)五一世梅若六郎氏暘(うじあき)の養子となった。1872年(明治5)隠居して実と改名。明治維新の混乱期に観世家家元が徳川慶喜に従って静岡に移り能楽が衰退する中、能楽堂の建設や、自宅の敷舞台での演能、それまで非公開だった能を一般に有料で公開するなど、能楽復興に様々な貢献をした。一六世宝生(ほうしょう)九郎・桜間伴馬(さくらまばんま)とともに明治三名人と謳われる

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うめわかみのる【梅若実】

能役者。(1)初世(1828‐1909∥文政11‐明治42) 幼名亀次郎,のち六之丞,六郎。実は隠居名。実父は寛永寺御用達鯨井平左衛門。梅若六郎氏暘(うじあき)の養子となり,1839年(天保10)家督相続,59年(安政6)六郎氏実(うじざね)と名のる。72年(明治5)家督を養子源次郎(のちの観世清之)に譲り,隠居して実と改名。江戸幕府崩解後の変動期にあって,生活上の危機を乗り越え,東京にとどまり演能を続け,能楽復興の最大の功績者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うめわかみのる【梅若実】

能楽師。シテ方観世流。
(初世)(1828~1909) 梅若家一五世当主。江戸の人。前名、六郎。明治維新によって衰退した能を復興させ、宝生九郎・桜間伴馬とともに明治の三名人と称された。
(二世)(1878~1959) 梅若家一六世当主。東京生まれ。前名、竹世・六郎。初世の次男。兄万三郎とともに観世流を脱退して梅若流を立て、万三郎についで二世宗家となる。のち、観世流に復帰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅若実
うめわかみのる

能役者。観世流シテ方。

初世

(1828―1909)梅若六郎家51世氏賜(うじあき)の養子。本名梅若氏実(うじさね)。前名亀次郎、六之丞(ろくのじょう)、六郎。1872年(明治5)隠居名、実を名のる。幕府の崩壊とともにその式楽であった能は危機に陥り、観世宗家清孝は将軍に従って静岡に去り、16世宝生九郎(ほうしょうくろう)も一時能から離れたなかで、実は東京に踏みとどまり、能楽復興の基礎をつくった。政治的手腕にも優れ、貴族や新興財閥の後援も得、また16世宝生九郎、桜間伴馬(さくらまばんま)とともに明治三名人とうたわれた。観世華雪(かせつ)は娘婿。なお60年にわたる『梅若実日記』は幕末から明治の動乱期の貴重な資料である。[増田正造]

2世

(1878―1959)初世の次男。本名梅若氏泰(うじやす)。前名竹世、実邦(さねくに)、景昭(かげあき)、六郎。一度六郎を継いだ姉婿の観世清之(きよし)(のちに観世喜之(よしゆき)家の初世となる)が実家に去ったあと、梅若家の当主となる。実兄の初世万三郎(梅若分家を継ぐ)とともに1921年(大正10)に梅若流を興し、兄と華雪に去られたあとも梅若流の孤塁を守ったが、隠居後の54年(昭和29)、一門とともに観世流に復帰、長年の観梅(かんばい)問題が解決した。55年芸術院会員。巧緻(こうち)、艶麗(えんれい)な芸風で、劇的な心理表現に優れた。55世梅若六郎、雅俊(まさとし)(1910― 、前名武久)、恭行(やすゆき)(1917―2003、前名泰之)は実(みのる)の子。白州正子著に『梅若実聞書』がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅若実の関連キーワード梅若六郎観世梅若実(初代)梅若実(2代)観世清廉生一左兵衛多久島利吉谷村正養津村紀三子林喜右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅若実の関連情報