梓巫女(読み)あずさみこ

デジタル大辞泉の解説

あずさ‐みこ〔あづさ‐〕【×梓巫女】

(あずさゆみ)の弦を打ち鳴らして神霊・生き霊・死霊などを呼び寄せ、自分の身にのりうつらせて託宣をする女。いちこ。口寄せ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あずさみこ【梓巫女】

関東地方から東北地方にかけて分布する巫女の名称。弓は古代より霊を招くために使われた巫具で,これを用いてカミオロシ,ホトケオロシをすることから梓巫女の名がおこった。能の《葵上》には照日と呼ばれる巫女が梓弓の弦をはじいて口寄せするがある。津軽地方のイタコは〈いらたか念珠〉を繰ったり弓の弦を棒でたたいて入神状態になる。また,陸前地方の巫女であるオカミンたちはインキンと称する鉦(かね)を鳴らしながら入神する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる