梓巫女(読み)あずさみこ

世界大百科事典 第2版の解説

あずさみこ【梓巫女】

関東地方から東北地方にかけて分布する巫女の名称。弓は古代より霊を招くために使われた巫具で,これを用いてカミオロシホトケオロシをすることから梓巫女の名がおこった。能の《葵上》には照日と呼ばれる巫女が梓弓の弦をはじいて口寄せする謡がある。津軽地方のイタコは〈いらたか念珠〉を繰ったり弓の弦を棒でたたいて入神状態になる。また,陸前地方の巫女であるオカミンたちはインキンと称する鉦(かね)を鳴らしながら入神する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あずさみこ【梓巫女】

梓弓の弦をたたいて神降ろしをし、口寄せをする女性。いちこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android