コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梓巫女 あずさみこ

4件 の用語解説(梓巫女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梓巫女
あずさみこ

「たたきみこ」ともいう。東北地方に顕著な民間巫女のこと。歩き巫女に属する。梓弓の弦をはじいて死霊や生霊を呼出し口寄せをする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あずさ‐みこ〔あづさ‐〕【×梓巫女】

梓弓(あずさゆみ)の弦を打ち鳴らして神霊・生き霊・死霊などを呼び寄せ、自分の身にのりうつらせて託宣をする女。いちこ。口寄せ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あずさみこ【梓巫女】

関東地方から東北地方にかけて分布する巫女の名称。梓弓は古代より霊を招くために使われた巫具で,これを用いてカミオロシホトケオロシをすることから梓巫女の名がおこった。能の《葵上》には照日と呼ばれる巫女が梓弓の弦をはじいて口寄せする謡がある。津軽地方イタコは〈いらたか念珠〉を繰ったり弓の弦を棒でたたいて入神状態になる。また,陸前地方の巫女であるオカミンたちはインキンと称する鉦(かね)を鳴らしながら入神する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone