コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梨本集 なしのもとしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梨本集
なしのもとしゅう

江戸時代中期の歌論書。戸田茂睡著。1巻。元禄 11 (1698) 年成立。「歌は大和言葉なれば人の言ふ程の詞を歌に読まずといふことなし」という観点から,在来の堂上歌学における制詞に対して批判したもの。「初五文字に置くべからずといふ詞」「終りに言ふまじき詞」「遠慮すべきといふ詞」「ぬしある詞といふ事」「詠むまじきといふ詞」の5項目を立て,各語についての制詞の根拠のないことを記す。伝統的な堂上歌学に対する和歌革新の一つの芽であったが,あだ花に終った感がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なしのもとしゅう〔なしのもとシフ〕【梨本集】

江戸中期の歌論書。3巻。戸田茂睡著。元禄11年(1698)成立、同13年刊。多くの例歌から、二条派制詞・禁詞が根拠のないものであることを論証したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なしのもとしゅう【梨本集】

歌論書。三巻。戸田茂睡著。1698年成立、1700年刊。二条派歌学の重視した制詞・禁詞の不合理を豊富な例をもって批判したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android