梳毛織物(読み)そもうおりもの(英語表記)worsted fabric

  • ×梳毛織物

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羊毛などの短い毛を梳 (す) いて除き,長い毛のみを並べて紡いだ糸,梳毛糸で織った毛織物薄手で,表面がなめらか。毳 (けば) が少いので織り目がみえる。サージギャバジントロピカルポーラ,ドスキン,モスリン,ベネシアンなどが代表的。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

梳毛糸を用いて製織した毛織物。比較的薄手で,毛羽が少ない。ふつう縮充(しゅくじゅう)せず,織目の見えるものが多い。サージ,ギャバジン,トロピカル,モスリンなどで,主として洋服地に用いる。
→関連項目ウーステッド毛織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊毛織物は紡毛織物と梳毛織物に分類することができるが、そのうちの一つであり、梳毛糸を経緯(たてよこ)に使って織り上げた織物が梳毛織物で、ウーステッド織物ともいう。梳毛糸は、羊毛繊維のうち良質な長繊維のものを選び出し、さらに繊維の方向をそろえて紡出した糸で、織物の表面は均質で滑らかであり、光沢をもっている。安価にするために、ある程度の紡毛糸、合繊糸を交織させたものもある。とくに代表的な織物にサージ、モスリンなどがあり、一般に紳士用の背広生地(きじ)に使われる。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 梳毛糸を用いて織った毛織物の総称。平織、あや織、しゅす織などにし、比較的薄地で表面がなめらかで、組織がはっきり現われているのが特徴。サージ、ギャバジン、トロピカル、ポーラ、モスリンなど。ウーステッド。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の梳毛織物の言及

【ウーステッド】より

…梳毛糸(そもうし)で織った毛織物。毛織物を大別すると,この梳毛織物と,紡毛糸で織った紡毛織物(ウールンwoollen)とにわけられる。梳毛は1インチ(2.54cm)以上の長い繊維で,長さ太さの均等な上質の羊毛を使用。…

※「梳毛織物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android