森林国営保険(読み)シンリンコクエイホケン

デジタル大辞泉の解説

しんりんこくえい‐ほけん【森林国営保険】

所有する森林において、火災・水害・雪害・噴火災などの災害による損害を塡補する目的の保険。人工林や人手の入った天然林が対象で、まったく手の入っていない天然林や竹林は適用外。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

農林水産関係用語集の解説

森林国営保険

火災、気象災及び噴火災によって受ける損失を保険の仕組みにより補てんすることにより、災害によって林業再生産が阻害されることを防止するとともに、林業経営の安定を図ることを目的とする、森林国営保険法に基づく制度。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

世界大百科事典内の森林国営保険の言及

【森林保護】より

…以上(1)~(4)の被害のうち気象災害と山火事については,損害を補償する森林保険がある。
[森林国営保険]
 〈森林国営保険法〉にもとづき,森林の火災,気象災および噴火災を対象として国が行う保険で,各種の森林保険のうち最も普及し,全国の人工造林地の1/3程度が加入している。火災,風害,水害,雪害,干害,凍害,潮害,噴火災により保険金が支払われる。…

※「森林国営保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android