森森(読み)シンシン

大辞林 第三版の解説

しんしん【森森】

( トタル ) [文] 形動タリ 
樹木が盛んに茂っているさま、または高くそびえたつさま。森然。 「 -として山ふかし/平家 2」 「 -たる杉の木立茂り合ひて/千山万水 乙羽
奥深く静まりかえっているさま。 「広き室へや-と物静かにして/鉄仮面 涙香

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しん【森森】

〘形動タリ〙
① 樹木の高く深く生い茂ったさま。こんもり。また、樹木のように、高く並びそびえているさま。
※三教指帰(797頃)上「則汪汪萬頃、同彼叔度、森森千仞、比此庾嵩
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)尿前の関「高山森々として、一鳥声きかず、木の下闇茂りあひて夜る行がごとし」 〔晉書‐和嶠伝〕
※拘幽操師説(18C初)「粛々は、秋の気色のものさびしい様なことにも云。森々として、さをとない貌(かたち)ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android