コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森然 シンゼン

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぜん【森然】

[ト・タル][文][形動タリ]
樹木のこんもり茂っているさま。「森然たるブナの森」
多く並び立つさま。
「隊伍―たる軍を見る」〈鴎外・ふた夜〉
おごそかであるさま。
「星という星の光のいかにも―として冴え渡っているのが」〈荷風濹東綺譚

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぜん【森然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
樹木がこんもり茂っているさま。森森。 「 -たる杉林の中を/くれの廿八日 魯庵
並び立つさま。 「四壁は皆な懸氷なり千戟万戈せんげきばんかの-として倒垂するものの如し/不二の高根 麗水
きびしくおごそかなさま。するどいさま。 「自然の威力の-として身に浸むを覚ゆ/自然と人生 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

森然の関連キーワードトタル森森倒垂蘆花矗乎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android